ブルース・スプリングスティーン イベントリスト

現在ツアーの予定はございません

こちらのイベントチケットをお探しの場合は、お手数をお掛けいたしますが、お問い合わせください。

お問い合わせ

インフォメーション

ブルース・スプリングスティーンは、ニュージャージー州ロングブランチで生まれました。

名実ともにアメリカを代表するロックンローラー。通称は「ボス(Boss)」。初期の作品においては、青春群像の描写に際立った才能を示しましたが、やがて社会的なテーマを作品に織り込むことによって、アメリカ民衆の声を代弁する存在へと成長しました。ウッディ・ガスリーの後継的な立場にあるアーティストの一人です。

10代なかばからエルビス・プレスリーにあこがれてロックンロールにのめりこみ、地元ニュージャージーのアマチュアバンドに参加してチャック・ベリーのバッキングなどを経験したりもしました。1972年にCBSレコードの大物プロデューサー、ジョンハモンドに認められ73年1月に『アズベリーパークからの挨拶 』でレコード・デビューを飾りました。当初は第二のボブ・ディランとしてプロモーションが行われたせいもあって、限られたファンにしか認められなかったが、75年に発表したサード・アルバム「明日なき暴走」の大ヒットによって一躍アメリカン・ロック界のヒーローとなりました。

しかし人気が絶頂に達したときに著作権の問題などで、マネージャーともめて裁判騒ぎとなり、3年にわたり新作を発表することができなくなってしまいます。その後78年に「闇に吼える街」でカムバックし、伝説になる激しいライブで人気を集め、80年に発表した五枚目の「ザ・リバー」で初の全米ナンバー・ワンを獲得。そしてスプリングスティーンのイメージに大きな変化を与えることになったのが84年の「ボーン・イン・ザU.S.A」でした。タイトル曲はシンプルなリフと星条旗の強烈なアピールのせいもあって愛国的な歌と勘違いされ。右傾化が強かったレーガン政権と重ね合わせれたりもしました。

93年には映画「フィラデルフィア」のタイトル曲でアカデミー主題歌賞を獲りました。また以前からバンド・エイドなどに積極的に参加してきましたが、2001年の同時多発テロ以後はさらに精力的に行動しています。