ダイアナ・クラール イベントリスト

現在ツアーの予定はございません

こちらのイベントチケットをお探しの場合は、お手数をお掛けいたしますが、お問い合わせください。

お問い合わせ

インフォメーション

ダイアナ・クラール(Diana Jean Krall)は、カナダ生まれの女性ジャズ・ピアニスト、歌手。1990年代以降に最も成功したジャズ歌手の一人です。父親が熱心なジャズ・ファンで、父の好きなファッツ・ウォーラーをはじめとするジャズ・レコードを聴いて育ちました。幼少の頃からクラシック・ピアノを、スクール・バンドではジャズを演奏していました。15歳の頃には、地元のレストランでジャズ・ピアニストとしてプロ活動を開始。バンクーバー・ジャズ・フェスティバルの奨学金を得て、バークリー音楽大学へ進学。その後、地元に戻ったダイアナのライブをジャズ・ベースの巨人レイ・ブラウンが聴き、感銘を受けた彼の助言により、西海岸で本格的にプロ活動を開始しました。当時、西海岸でジャズ・ピアノの名人ジミー・ロウルズに師事し、出演していた店のオーナーから要求されたことがきっかけとなりボーカルを始めます。シンガー&ピアニストとして自信の付いたダイアナ・クラールは、90年代に入るとニューヨークに活動の拠点を移し、1993年にカナダのマイナー・レーベル、Justin Timeに初めてのアルバム『ステッピング・アウト』を録音しました。

数年後、当時GRPレーベル社長、その後ヴァーヴ・ミュージック・グループ社長となったトミー・リピューマに才能が認められ、95年にアルバム『オンリー・トラスト・ユア・ハート』でGRPからメジャー・デビューを果たします。翌96年、アルバム『オール・フォー・ユーナット・キング・コールへ捧ぐ』をリリース。ビルボード誌ジャズ・チャートの第1位を獲得、100週にわたってランクインするという大ヒットを記録しました。また、このアルバムは日本ではスイングジャーナル誌選定ゴールド・ディスクを獲得。ダイアナはスイングジャーナル社主催の96年度ジャズ・ディスク大賞ニュー・スター賞を受賞しました。

それに続くアルバム『ラブ・シーンズ』(97年)は、さらにビッグ・セールスを更新。母国カナダでジャズ・アーティストでは史上初のプラチナ・ディスクを獲得したのをはじめ、世界各地で大ヒットを記録しました。

そして、いよいよジャズ界の大スターから世界のスーパースターへ飛翔することになったのが、次のアルバム『ホエン・アイ・ルック・イン・ユア・アイズ』です(1999年)。アメリカとポルトガルでプラチナ、カナダでダブル・プラチナ、フランスでゴールドなど、世界各国でスーパースターの名にふさわしいベストセラーを記録。さらに、99年度のグラミー賞「アルバム・オブ・ザ・イヤー」にノミネートされて、ダイアナは名実ともに最高の称賛を得ることになります。このアルバムは日本でもスイングジャーナルのジャズ・ディスク大賞で「ジャズ・ボーカル賞」を獲得、また同誌の読者人気投票では「アルバム・オブ・ザ・イヤー」に輝いています。

新世紀を迎え、最初に発表したアルバム『ルック・オブ・ラブ』(2001年)も世界各国で大ヒット。出すアルバムが次々に世界各国でミリオンセラーを超える大ヒットを記録する、押しも押されもしない世界のスーパースターになりました。また、ダイアナはこの年の夏に開催されたメジャー・リーグのオールスター戦で、カナダ国歌を斉唱して大きな話題を呼びました。

2003年12月に、ダイアナは英国ロック界のスター、エルビス・コステロと結婚。公私ともに絶好調にあるダイアナは、翌04年4月に最新作『ザ・ガール・イン・ジ・アザー・ルーム』を発表。収録曲の半数がダイアナとコステロの共作によるオリジナルとなり、米英音楽界の最強カップルが組んだ超話題盤として話題を得ました。