イーグルス イベントリスト

スケジュール

インフォメーション

1970年代カリフォルニアといえばイーグルスと称されるほど、商業面でも音楽面でも素晴らしい成果を収めたイーグルス。もともとはリンダ・ロンシュタットのバックバンドとして集められた、グレン・フライ(g)、ドン・ヘンリー(ds)、バーニー・リードン(g)、ランディ・マイズナー (b)の4人が1971年に”イーグルス”として独立して誕生したバンドです。翌72年にアルバム『イーグルス』でデビューし、シングルカットされた「テイク・イット・イージー」がヒットして幸先のいいスタートを飾ります。当時、繁栄を極めたウエス ト・コースト・ロックのさまざまな要素をブレンドした、カントリー・ロックの軽やかなサウンド、気取りのないたたずまい、さわやかなコーラス、なによりメンバー是認が歌えるのが強みに加えて、幅広い音楽性も持ち味でした。

74年にはドン・フェルダー(g)が加入し、よりエッジを利かせたロック・ サウンドへ変化。1975年、大ヒット・アルバム『呪われた夜』を発表。タイトル曲「呪われた夜」をはじめとし、グラミー賞、ベストポップボーカル賞を獲得した「いつわりの瞳」、ランディ・マイズナーがボーカルをとる「テイク・イット・トゥ・ザ・リミット」と3つのヒット曲を生みました。オリジナル・メンバーの音楽的なルーツであるカントリー色の濃い楽曲も依然見られるものの、全体としてはよりロック色を強め、またタイトル曲ではAORやファンク、ダンス・ミュージック的要素を盛り込むなど、音楽的な幅はさらに広がりました。

75年にバーニーが脱退、ジョー・ウォルシュ(g)が加入し、76年にアルバム『ホテル・カリフォルニア』が1千万枚を売り上げる大ヒッ トを記録。アメリカ最後の理想郷として輝き続けてきたカリフォルニアの陰りと、ロック産業の衰退を風刺的に描いた同作は、歴史的名盤に数えられています。 77年にマイズナーが脱退し、ティモシー・B・シュミット(b)が参加。79年アルバム『ロング・ラン』発表。80年 ロング・ラン・ツアーを中心とした初のライヴ・アルバムをリリースするが、バンドは事実上 休止状態になります。82年5月正式に解散が発表されるが、94年以後、断続的に再結成されており、94年には4曲の新曲とライブ収録曲を併収した変則アルバム 「ヘル・フリーゼズ・オーヴァー」を発表し、これ以後世界規模でのツアーを繰り返し展開。98年ロックの殿堂入りを果します。04年から05年にか けては、「Farewell I Tour」(第一回さよならツアー)と題されたツアーが行われたが、「さよなら」というのはジョークであり、その後も米国内外で公演が行われています。この ツアーでも相変わらずの高い人気ぶりを見せつけ、各地のコンサートは大成功に終わり、収益面でも年間ランキングの上位を記録しました。